何か核となる各論がほしい気がします
器用貧乏とまでは言わないが、
この著者は相当にあちこちに思考が飛ぶように思う。
それぞれの場面で言っていることは面白いことともあったり、
くだらないこともあったり、
使い古されたネタであることもあったりだが…。

各論なしの概論を興味深く読ませるのは誰が書いても難しいと思うけれど、
この人は、
本当は書きたい各論があるのに概論を書こうとするから、
余計とっ散らかってしまうのではないかと考えてしまうほど。


この本の趣旨は、
「クラシックは敷居が高い」と世間一般の人たちは思っていて、
「そうではないですよ」ということらしいが、
これ自体は別に目新しくない。
むしろ、
著者なら「クラシックは敷居が高い」と思われているから不人気なのか、
「単にくだらない」と思われているから不人気なのか、
など色々面白そうな調査ができそうな地位にいる気がするし、
もうすこし違った切り口で「クラシック音楽入門」が書けそうな気がします。
また、
解決策が「とりあえず聴いてみて」というのでは、
それ自体には大いに賛成だし、
それしかないと思うけれども、
活字にする上ではもう少し何かないと、
大して面白い発想だとも思えない。


一方、
本書で音楽史の叙述が大きな部分を占めていることは素晴らしいと思う。
また、
その音楽史の叙述が、
最近の音楽までもカバーしているのは、
この著者の面目躍如たるところがあると思う。
但し、
細かい点に不正確な点(例えば、
バロック音楽の音楽史的意義を論じるのにモンテヴェルディの仕事に触れないというのはありえないだろう)とか、
明らかに誤っている点(バッハのロ短調ミサはカトリック教会の依頼で作られた?)など、
言葉の悪い意味で「テキトー」としか思われないような記述があり、
それらが気になったのも事実。


いずれにせよ、
あまたある「クラシック入門」的な本と同様、
知っている人には乱暴に見え、
知らない人にはあまり意味のよくわからない単語の羅列にしか見えないような、
そういう類の本になってしまっている恐れがあるように思われた。
人生が深まるクラシック音楽入門 (幻冬舎新書 い 16-1)

その他の感想

中華思想の歴史から中国の意図を理解する
オススメやさかいに!
かなり明るいです。
一見頼りないが。。
…しまった…(T△T)
老親用に購入
コスパと性能に優れた製品
移動用に最適です
雨の日が楽しみ
必要です
イギリス料理は美味しい
レビューの良い評価を簡単に信じてはいけない。
すごい良いです!
good!! good!! good!!
組み立てている間に壊れました
私の期待が検討違いでした。
安心しました
弾き語りする人には良さそうです。
ネタバレしない程度の感想を
DNA分析、大脳生理学によるアルコール依存症の分析
老眼の女性に
ヘビの生態が分かる自然科学読本
とにかく楽しいですね、こういう企画モノは・・・ありそうでなかったTOTO ムック本です!!中田利樹 氏 気合い入ってます(笑)。
ゴールドがいい
ふっくらして美味しい!
鮎川さん、お元気そうで何よりです。
唯一無二の和メタルサウンド再び
アニラジファン必読!
残念、駄作
デザインは好き
戻る